退職願の書き方

退職願いを書く前に考えること

退職願いの書き方 > 退職願いを書く前に考えること

退職願いを出すということ

退職願いを出すともう取り消しはしないという覚悟が必要です。
退職願いを出すと引き止めがあります。
わたしの場合は今まで担当したかった仕事をやらせるから、
残ってくれと言われました。

退職願いを出した後でしたが心は動きました。
結局は一度退職すると言った以上、
退職の可能性がある人物というレッテルを貼られるのはイヤでしたので、
その仕事はやらずに退職しました。

退職願いを提出すると話はかならず広がります。
わたしの場合は異動直後だったこともあり、
現在の上司が以前の上司に状況を照会したらしく、
その上司から一気に社内へ広がりました。

一度退職願いを出したことが広がると、
仕事をしていくのは難しくなると思います。

退職願いを提出してからは後悔しないように、
退職願いを出す前にやりたい仕事があるのならばしっかりと相談する、
本当にいいのか考えるということが必要です。

ほんとうに退職願いを出してもいいのか

退職を本当にしてもいいのか考えます。
転職先が決まっている場合は、
転職先が本当に行きたいところなのか、
今の会社でやり残したことはないのか、
退職してから後悔することだけはないようにします。

特に退職してから起業やフリーになろうと考えている方は、
現在の仕事と平行ですることはできないのか考えておきます。

もし同時にこなせるのであれば副業として進めることも一つの手だと思います。

退職すると収入は0円になります。
転職が決まっているのならばいいですが、
転職が決まっていない場合は0円のプレッシャーというのは、
今考えているよりも大きいものです。

焦りは必ず出てきます。
失業保険をもらいながらゆっくりと探そうと考えている場合でもそうです。
退職願いを出す前に転職先など身の振り方は考えておきましょう。

退職したあとは食べていけるのか

退職願いを出す段階で「本当にいいのか」躊躇すると思います。
そのときは感情を閉じこめるのではなく転職するのであれば、
転職先をもう一度調べます。

わたしの実体験ですが退職願いを出してからでは全てが遅いのです。

転職先は確保したか

退職願いを出したあとや、退職したあとで、
転職活動をしようと考えているのであれば、
それは改めたほうがいいと思います。

退職願いの提出後や退職後は「焦り」がすごく出てきます。
家族がいる方は特にだと思いますが、
焦りから転職先を妥協してしまいがちです。

わたしはライターを目指していますが、
退職したとたん収入0円の恐怖と焦りから毎日胃が痛かったです。

そんなことを避けるためにも退職願いを出すまえに、
転職先探しはすませておくべきなのです。

退職願いを出してしまうと、
止っていた歯車が身の回りでいきなり動き出し、
転職活動どころではなくなり ます。
その前に転職先を見つけてください。

たとえ退職後は1か月程度は休養したいと考えていたとしても、
その条件で転職先を探せば見つかると思います。
退職願いの前に転職活動、ぜひ実践してください。

退職願い 記事一覧

退職願いの書き方 完全ガイド / 転職面接に向けた退職理由の準備 / 退職理由を上司向けに準備する / 退職理由を同僚向けに直す / 退職理由を考える / 退職理由を考える(退職の決意) / 退職願いの提出タイミング / 退職願いの提出先 / 退職願いを出す前に相談してみる / 退職願いを出す前に転職先は決めておく / 退職願いを提出する心構え / 退職願いを書く前に済ませておくこと / 退職願いの書き方 / 退職願いの書き方 (失敗編) / 退職願いの書き方で注意する点 / 退職願いの書き方のサンプルフォーマット / 退職願いの書き方(心得編) / 退職願いの渡し方 / 辞表の書き方 / 退職届の書き方 / 退職願い・退職届・辞表の違い / 退職願いの提出体験 / 退職願いを書く前に考えること


Copyright©退職願の書き方 完全ガイド

注意:情報の最終的な確認はご自身でお願いいたします。誤りや誤植を見つけた場合はお手数ですがadmin@job.tymwils.comまでお知らせ下さい。