退職願の書き方

退職願いの書き方(心得編)

退職願いの書き方 > 退職願いの書き方(心得編)

退職願いを書く前に

退職願いの書き方を考える前に、
まず確認しておくことは退職願いのフォーマットが、
会社に用意されていないか確認することです。

会社に退職願いのフォーマットが用意されていれば、
わざわざ退職願いの書き方を考える必要もないですし、
退職願いをプリントアウトする形であれば、
退職願いを提出するための封筒や便せんを買う必要もありません。

さすがにネットで退職願いの提出ができるという会社は、
聞いたことがないですが、ダウンロード可能な退職願いの
WORDフォーマットを 用意している会社は多いようです。

会社として退職願いのフォーマットを用意しておくことで、
退職願いの書き方や退職理由のチェックなどがなくなり、
人事部の仕事が効率的になるからだと思います。

退職願いの書き方

退職願いの書き方で注意する点は、
円満退職ができるように退職願いを書くこと、
そして退職理由について問題が起きないようにすることです。

退職願いの書き方退職理由に問題があるからと、
人事部から退職願いが戻ってくるなんていうのはいやですよね。

人事部が退職願いの書き方に問題があると言ってくる場合の大半は、
退職理由」に問題があるか退職時期に問題がある場合です。
それ以外の退職願いの書き方で問題になったという話は、
いままでには聞いたことがありません。

特に退職願いの書き方で、
人事部からダメだしをされる可能性が大きいのは退職理由です。

ほんとうの退職理由がどうであれ、
自己都合の場合は退職理由は「一身上の理由」でないと、
書き直しを依頼されたり理由を聞かれたりすることになります。

なお会社都合の場合は解雇であり、
「一身上の理由」ではありません。

会社から自己都合にしてほしいと頼まれて、
退職理由を自己都合にしてしまうと、
失業保険の受給開始時期などが変わってきますので、
気をつけてください。

退職願いは手書きかプリントか

退職願いの書き方で迷うのが退職願いを手書きにするのか、
プリントアウトしたものにするのかということです。

退職願いを受け取るのは上司や上位上司ですが、
欧米のようにプリントしたもので十分であると考える人もいますし、
手書きで書く方が丁寧だと思うという人もおり、
一概に「どちらが正しい」とは言い切れません。

退職願いが手書きの場合

退職願いを手書きにするのであれば、
便せんかA4の紙に黒か青のペンを使って縦書きで書きます。

退職願いの封筒や便せんは白を使う方が多いようです。
柄入りなどの便せんは避けたほうが無難です。

退職願いがプリントの場合

退職願いの書き方はプリントでも手書きでも基本的に一緒ですが、
プリントする場合はA4の紙に縦書きか横書きでプリントします。
わたしは横書きでプリントしましたが手書きの場合と同じように、
縦書きを使うかたもいるようです。

退職願いの封筒は準備しておく?

退職願いを入れる封筒は白色が普通ですが、
封筒に入れずに渡す場合もあります。

わたしは退職願いを封筒にいれずに渡しました。
理由は上司に退職理由などをすぐにチェックしてもらうためです。
わたしの場合はそれで特に問題になりませんでした。

わたしがいた会社では、
退職願いのフォーマットが用意されていたこともあり、
退職願いをA4の紙のまま渡すかたが多かったようですが、
フォーマットなどが用意されていない場合は、
封筒にいれて渡すことのほうが多いと思います。
退職願いを封筒に入れて渡す場合には表に「退職願い」と書いて渡します。

退職願い 記事一覧

退職願いの書き方 完全ガイド / 転職面接に向けた退職理由の準備 / 退職理由を上司向けに準備する / 退職理由を同僚向けに直す / 退職理由を考える / 退職理由を考える(退職の決意) / 退職願いの提出タイミング / 退職願いの提出先 / 退職願いを出す前に相談してみる / 退職願いを出す前に転職先は決めておく / 退職願いを提出する心構え / 退職願いを書く前に済ませておくこと / 退職願いの書き方 / 退職願いの書き方 (失敗編) / 退職願いの書き方で注意する点 / 退職願いの書き方のサンプルフォーマット / 退職願いの書き方(心得編) / 退職願いの渡し方 / 辞表の書き方 / 退職届の書き方 / 退職願い・退職届・辞表の違い / 退職願いの提出体験 / 退職願いを書く前に考えること


Copyright©退職願の書き方 完全ガイド

注意:情報の最終的な確認はご自身でお願いいたします。誤りや誤植を見つけた場合はお手数ですがadmin@job.tymwils.comまでお知らせ下さい。