退職願の書き方

退職願いの書き方 (失敗編)

退職願いの書き方 > 退職願いの書き方 (失敗編)

退職願いでやってはいけないこと

円満退職を目指すためには、
退職願いの書き方で気をつける点があります。

一番目に気をつける点は、自己都合で退職する場合、
退職理由は「一身上の都合」にするということです。

二番目に気をつける点は、退職願いの提出後から退職までの期間を、
ある程度とっておくか、事前調整をしておくことです。

基本的には二つに気をつければ、
退職願いいの書き方で失敗するということはあまりないと思います。

退職願いの書き方を経験者に聞く

退職願いの書き方で失敗にはどのようなものがあるのか、
わたしの知り合いの退職経験者に、
退職願いの書き方で失敗した点を聞いてみました。

結果としてはやはり退職願いの書き方自体で失敗したという人はおらず、
退職願いの書き方自由度が高いということがわかりました。

ただ退職時期は問題になることもあるようです。
銀行勤務の知り合いは退職を申し出てから、
実際に退職させてもらうまでに1年間かかったそうです。

もちろん法律にのっとれば2週間で、
強引に退職することは可能なのですが、
退職後も転職先で取引があるなど関係が続く可能性がある場合、
退職するとはいえ、希望を貫き通せないこともあるようです。

退職願い 記事一覧

退職願いの書き方 完全ガイド / 転職面接に向けた退職理由の準備 / 退職理由を上司向けに準備する / 退職理由を同僚向けに直す / 退職理由を考える / 退職理由を考える(退職の決意) / 退職願いの提出タイミング / 退職願いの提出先 / 退職願いを出す前に相談してみる / 退職願いを出す前に転職先は決めておく / 退職願いを提出する心構え / 退職願いを書く前に済ませておくこと / 退職願いの書き方 / 退職願いの書き方 (失敗編) / 退職願いの書き方で注意する点 / 退職願いの書き方のサンプルフォーマット / 退職願いの書き方(心得編) / 退職願いの渡し方 / 辞表の書き方 / 退職届の書き方 / 退職願い・退職届・辞表の違い / 退職願いの提出体験 / 退職願いを書く前に考えること


Copyright©退職願の書き方 完全ガイド

注意:情報の最終的な確認はご自身でお願いいたします。誤りや誤植を見つけた場合はお手数ですがadmin@job.tymwils.comまでお知らせ下さい。