退職願の書き方

退職願いの渡し方

退職願いの書き方 > 退職願いの渡し方

退職願いは調整後に渡す

退職願いを渡すとき、上司にいきなり渡すよりも、
事前に退職願いを渡すという調整を済ませてから渡すことをお勧めします。
やはり退職願いという文書は重いものですので、
いきなり退職願いを出すと上司もショックを受けるようです。

あなたが優秀であればあるほど退職願いはショックだと思いますし、
上司自身も上位上司への対応など今後の対処を考える時間が必要です。

特に、退職までの期間があまりない状態で退職願いを突然だすと、
上司も上位上司などへの対応が緊急で必要となり、
苦労をかけることになりますので、
急ぐ場合でも、少しでも余裕を与えるために退職願いを出す少し前に、
「退職しようと考えています。退職願いは何月何日に渡す予定です。」
と伝えておくといいでしょう。

退職の事前調整時に退職理由の説明をすることになりますが、、
直属上司が味方になってもらえないとあとあとが面倒ですので、
直属上司には納得してもらうまでしっかりと説明し、
納得してもらってから退職願いを渡すようにします。

退職願いは人が見えないところで渡す

退職願いを渡すときの注意は「人から見えないところで渡すこと」です。
退職願いを堂々と出すのはよいことではありません。
その理由はいくつかあります。
・退職ブームを起こさないため
・退職願いの提出後も仕事を円滑にすすめるため
・退職時期などの調整をおこなうため
・上司のメンツを保つため

退職ブームを起こさない

退職願いを出したいという人は部内にもたくさんいます。
特にプロジェクトの佳境などで辛い時期には、
普段は仕事に満足している人でも退職したいと思ってしまいます。

そういうときに退職願いを出す人に退職後にやる夢などを語られたら、
一気に退職へ揺れ動いてしまうことがあります。

そうなって一番困るのは上司です。
短期間に複数の退職者が出ては上司の管理責任が問われます。
退職は円満退職するのが基本ですので、
退職直前で上司から許しが出るまでは自分からは伝えないようにしてください。

退職願いを出したあとで他の人に伝えてもいい時期は、
会社によっては決まっているところもあります。
わたしの会社では2週間前でした。

もちろん引き継ぎ担当者や昔の上司などには事前に伝えますが、
事前に上司から了解をもらっておいたほうが無難です。

退職願いの提出後も仕事を円滑にすすめるため

退職願いの提出後も退職までに期間があると、
すぐには引き継ぎが始まらず、
しばらくは現在の業務を継続することになります。

しかし退職することが同僚にばれてしまっていると、
「あいつはどうせ辞めてしまうから」と信頼してもらえない可能性があります。

退職時期などの調整をおこなうため

上司から退職願いを出したあとでも、
退職時期の調整を依頼されることがあります。
わたしの知り合いで銀行に勤めている知り合いは、
1年間待つように頼まれたと言っていました。

さすがに1年は長すぎますが、
1ヶ月か2ヶ月程度で転職先や次の仕事が特に問題ないのであれば、
円満退職のためには受入れるか少しは延長することが必要です。

2ヶ月先と言われると退職を部内に報告するのはあとになることもあるでしょう。
たとえ退職時期を心に決めていたとしても、
上司にチャンスは残しておくべきです

退職願い 記事一覧

退職願いの書き方 完全ガイド / 転職面接に向けた退職理由の準備 / 退職理由を上司向けに準備する / 退職理由を同僚向けに直す / 退職理由を考える / 退職理由を考える(退職の決意) / 退職願いの提出タイミング / 退職願いの提出先 / 退職願いを出す前に相談してみる / 退職願いを出す前に転職先は決めておく / 退職願いを提出する心構え / 退職願いを書く前に済ませておくこと / 退職願いの書き方 / 退職願いの書き方 (失敗編) / 退職願いの書き方で注意する点 / 退職願いの書き方のサンプルフォーマット / 退職願いの書き方(心得編) / 退職願いの渡し方 / 辞表の書き方 / 退職届の書き方 / 退職願い・退職届・辞表の違い / 退職願いの提出体験 / 退職願いを書く前に考えること


Copyright©退職願の書き方 完全ガイド

注意:情報の最終的な確認はご自身でお願いいたします。誤りや誤植を見つけた場合はお手数ですがadmin@job.tymwils.comまでお知らせ下さい。