退職願の書き方

退職届の書き方

退職願いの書き方 > 退職届の書き方

退職届の書き方

退職届の書き方の前に、
退職届を出すのはどういう場合か考えてみます。

自己都合で今から退職の意志を伝えようとしている場合は
一般的に退職願いを出します。

退職届退職願いと比べると一方的に通告するような響きがあるようです。

退職届の書き方退職願いの書き方と一緒です。
退職届の書き方で注意する点(自己都合の場合)は以下の3点です。
・退職の理由は「一身上の都合」にする
・退職届の宛先は会社の代表にする
・退職届の署名は自筆でする

退職届を出すタイミングというのは、
退職届を出すように会社で規定されている場合や、
退職届を提出するように上司から言われた場合です。
それ以外は退職届の書き方を気にする必要はありません。
退職願いを書いてください。

退職届の書き方

退職届の書き方のサンプルを以下に記載します。

株式会社 ○○
代表取締役社長 ○○ 殿

退職届

一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもち退職いたしたく、ここにお届けいたします。

平成○○年○○月○○日
あなたの名前 印

退職届の書き方も退職願いの場合とほとんど一緒です。
退職届が正しいのか退職願いが正しいのかで迷った場合は、
退職願いにしておいたほうがいいと思います。

退職願い 記事一覧

退職願いの書き方 完全ガイド / 転職面接に向けた退職理由の準備 / 退職理由を上司向けに準備する / 退職理由を同僚向けに直す / 退職理由を考える / 退職理由を考える(退職の決意) / 退職願いの提出タイミング / 退職願いの提出先 / 退職願いを出す前に相談してみる / 退職願いを出す前に転職先は決めておく / 退職願いを提出する心構え / 退職願いを書く前に済ませておくこと / 退職願いの書き方 / 退職願いの書き方 (失敗編) / 退職願いの書き方で注意する点 / 退職願いの書き方のサンプルフォーマット / 退職願いの書き方(心得編) / 退職願いの渡し方 / 辞表の書き方 / 退職届の書き方 / 退職願い・退職届・辞表の違い / 退職願いの提出体験 / 退職願いを書く前に考えること


Copyright©退職願の書き方 完全ガイド

注意:情報の最終的な確認はご自身でお願いいたします。誤りや誤植を見つけた場合はお手数ですがadmin@job.tymwils.comまでお知らせ下さい。