退職願の書き方

退職願い・退職届・辞表の違い

退職願いの書き方 > 退職願い・退職届・辞表の違い

退職願いと退職届と辞表の違い

退職願いと退職届と辞表の区別はわかりますか?
どういう時に退職願いを出していつ退職届を出すのか?
辞表はいつ必要になるのか。

わたしは退職届が無難なのだと思っていましたが違います。
自己都合の場合は退職願いです。

自己都合でなく解雇の場合はどれも書く必要はないようです。
解雇通知を受け取って終わりです。

民間企業に勤めていて退職を決意した場合は、
通所うは退職願いを出します。

あなたが公務員か役員の場合は、
退職願いや退職届ではなく辞表(辞職願)を提出します。

辞表とは辞意を表明するということですが、
文書として提出する場合は辞職願となります。

退職願いとは?

退職願いは会社へ承認を依頼するもの。
退職願いを出すことによりますは会社に対して、
退職の意志があることを伝えます。

会社はそれを承認するわけです。
退職願いとかくと会社にも選択権がありそうですが、
実際には退職願いを提出すれば退職できます。

事実はどうであれ退職願いは、
願い出るという姿勢ですので、
通常はこの退職願いがもっとも適しています。

退職届とは?

退職届は退職願いと違い会社へ退職を届け出るものです。
お願いではなく「退職します」と言い切る形です。

既に上司と話がついている場合は退職届でもいいという人もいるようですが、
退職願いと退職届にはそんなに違いがないので、
会社から指示がなければ退職願いでいいでしょう。

退職することには変わりなく、
また上司の説得は両方とも必要ですので、
そこまで意識する必要はありません。
受理してもらえればそれでいいと思います。

辞職願とは?

わたしは公務員ではなかったので詳しくはないのですが、
辞職願は公務員や会社の役員などが出すものだそうです。

民間企業に勤めている場合には考慮する必要はありません。

退職願いと退職届はそんなに大切ではない

二つの違いはそんなにありませんのが、
退職願いも退職届もタイトルより内容が大切です。

中身といっても自己都合の場合は、
「一身上の都合」にしているかどうか、という点だけです。

自己都合で円満退職を目指すのであれば一身上の都合にする必要があります。
そこだけを気をつけておけばあとはそこまで問題になることは少ないと思います。

退職願い 記事一覧

退職願いの書き方 完全ガイド / 転職面接に向けた退職理由の準備 / 退職理由を上司向けに準備する / 退職理由を同僚向けに直す / 退職理由を考える / 退職理由を考える(退職の決意) / 退職願いの提出タイミング / 退職願いの提出先 / 退職願いを出す前に相談してみる / 退職願いを出す前に転職先は決めておく / 退職願いを提出する心構え / 退職願いを書く前に済ませておくこと / 退職願いの書き方 / 退職願いの書き方 (失敗編) / 退職願いの書き方で注意する点 / 退職願いの書き方のサンプルフォーマット / 退職願いの書き方(心得編) / 退職願いの渡し方 / 辞表の書き方 / 退職届の書き方 / 退職願い・退職届・辞表の違い / 退職願いの提出体験 / 退職願いを書く前に考えること


Copyright©退職願の書き方 完全ガイド

注意:情報の最終的な確認はご自身でお願いいたします。誤りや誤植を見つけた場合はお手数ですがadmin@job.tymwils.comまでお知らせ下さい。